育毛剤を正しく知る

あるクリニックの調査で、男女を問わず薄毛に悩んでいる人は3人に1人という結果がでました。
まさに国民的な悩みとも言えるこの薄毛。
その改善手段として挙げられるのが育毛剤です。
自分で手軽にできるため、ドラッグストアなどでも専門のコーナーが設けられるほど支持を得ています。
ただ、ほとんどの人がこの育毛剤の本来の意味を知らずに使っているのです。
そうなると、育毛剤の持っている効果も最大限には引き出せません。
このサイトは、その育毛剤が頭皮にどのような効果を及ぼすのかを説明します。

髪は、生きた細胞ではありません。
爪と同じで、切っても痛くはない死んだ細胞なのです。
ここにいくら栄養分を与えても、まったく意味はありません。
髪は毛根の毛母細胞から作られるのです。
つまり、髪ではなく頭皮の状態を整え、毛根へ栄養が充分送られる環境を作ってやることが、育毛には欠かせないのです。
そしてその頭皮環境を整えるために、育毛剤を使うのです。
ただ、育毛剤を使う前に、普段の生活を正していきましょう。
偏った食生活やストレス、煙草やお酒は頭皮によくありませんし、もちろん育毛剤の効果も充分得られなくなるのです。
規則正しい生活と、栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切です。
その上で育毛剤を使うのです。

育毛剤には保湿や抗菌など、頭皮環境を整える作用があります。
頭皮環境を整えることで、毛母細胞も活発となり髪も生えやすくなるのです。
育毛剤は髪ではなく、頭皮に使うという認識を持ってください。

Copyright © 2014 育毛剤は髪を生やすのではなく頭皮を整える All Rights Reserved.